ポケットのなかには

ポケットの中には…「ニンテンドーDS」を忍ばせているオタクによる趣味雑記。

【ポケモンSM】 ウルトラ(ギャラ)マンダー!【S3:302位/シングルレート2000達成構築】

 

ごあいさつ

 お初にお目にかかります。この度はポケモンSM シングルレート シーズン3にてレート2000を達成した構築として、構築記事を投稿させていただきます。

 なにぶん初めてのブログ投稿で拙い部分も多くあると思いますが、お目汚しご容赦ください。

f:id:gazi-gazi:20170724000358p:plain

f:id:gazi-gazi:20170724000249j:plain

構築概説

サンムーン発売から4か月。訳あってポケモンから離れていながらも、私は虎視眈々と戦線復帰の機会を伺っていました。そんなわたしのサンムーンデビュー構築でもあります。

 

当構築はS3当時流行(していると聞いた)のメタグロス軸を狩るため、光の国から僕らのためにやって来た脳死ステロ積み展開となっています

 

  • 基本はウツロイドでステロを撒いてギャラとカグヤで積んで殴るだけ。怯め!怯め!
  • エースが苦手な高速電気タイプや高耐久水タイプがいるときはモロバレルやZテテフを絡めて崩し、エースを通す。
  • 身代わり特殊マンダは基本的にカグヤでカモる鋼や氷、フェアリーを呼ぶための置物だが、身代わり持ちやジャローダなどの状態異常技から後続の起点を作るPT相手にはこちらを出す。

 

 何も考えなくてもこれだけで大概は何とかなる。相性補完のとれた展開ごり押しPTの強みを感じられた。パルウルガマンダを使ったことはないのだが、たぶんあれと同じ感じだと思う。それに加えてカグヤが積みエースだとはバレにくいので、ボディパージを積みやすいのがよかった。

 

 一方で感じた構築の弱点は以下。

  • 殴り倒して処理するしかないオニゴーリの初手能力上昇を止めることができない。
  • 高速回復持ちの突破ルートが少ないうえ、ウツロイドやテテフといった紙耐久頼み。よって受けループに弱い。ポリ2やピン差しハピラキすらキツい。
  • 電気が一貫しすぎる。バレルかテテフが崩されると一気に厳しくなる。また基本選出に対してスカーフコケコが出てくるとほぼ負け。
  • バトン対策なし。挑発で上から止められないバトン構築は降参もの。
  • 高速電気ほどではないが、ドラン、ガルーラ、バシャーモが重い。

 

個体紹介

テッカグヤ

持ち物:ホノオZ

性格:ひかえめ

特性:ビーストブースト(特攻上昇)

技構成:エアスラッシュ 大文字 目覚めるパワー(氷) ボディパージ

努力値:HP4 特攻、素早さ252

備考:積みエース。当時流行のグロスコケコランドをまとめてなぎ倒すために生み出された。ヒードラン以外の鋼に強い。氷4倍弱点勢、ボルトやコケコなどの低耐久電気もこいつで処理していたが、微妙に火力が足りないのでステロによるサポートが必要。

炎を呼ぶが、これらはギャラやウツロの起点にできる。逆にこいつはギャラとウツロが呼ぶ地面、鋼や草をボディパージの起点にできる。流行の霊ランドやマンダも起点にできるのが良い。

炎を呼ぶとはいえ、ステロ有りかつボディパージを積んだ後ならば、ドランとヒトム以外の炎(リザ、バシャ、ガモス)はこいつで抜けることが多かった。

メインウェポンが三割怯み効果を持っている運勝ち生産機でもある。高速、高火力、高耐久および運勝ち要素までも兼ね備え、今日もアンチグロス活動に勤しむ。PT不動のエース。

しかし最近(2017.7)グロスが減った。また、ようやくDL対策が施された。

 

メガギャラドス

持ち物:メガ石

性格:ようき

特性:威嚇→型破り

技構成:滝登り 氷の牙 地震 竜の舞

努力値:HP4 攻撃、素早さ252

備考:特に言うことはない。脳死AS252。ミミカスマンダ環境に対する反逆の戦士。強力なエースとして働いてくれた。こいつがカグヤが抜けない炎や岩を抹殺してくれればカグヤを通せる。特にヒトムとドラン、バンギ。また、カグヤでは不安の残るミミッキュを安定して処理できる。

構築単位で高耐久水タイプが重く、熱湯を躱すための身代わりが欲しい場面は何度もあった。抜くなら氷の牙だが、マンダが多い環境では悩ましい。

ここぞというときに怯ませたり凍らせたりする運勝ち生産機Mk.Ⅱ。

 

ウツロイド

持ち物:ラムのみ

性格:おくびょう

特性:ビーストブースト(特攻上昇)

技構成:パワージェム アシッドボム 草結び ステルスロック

努力値:HP4 CS252

備考:起点作成のための捨て駒。しかし間違いなく1番の功労者でもある。こいつを先発で出してステロ撒き+適当な削りを入れてから対面で有利なエースを死に出し展開していく。

流行りのカバリザおよび催眠ゲンガーに強い持ち物と技構成となっている。確実にステロを撒くために、襷で使いたいという気はした。しかし仮に初手でカバやガブと対面しても、裏にギャラマンダカグヤと見せているためか初手から地震が飛んでくることはなかった。ただしマンムーだけは余裕があるので地震から入ってくる。

カグヤの苦手な炎や電気を退かせ、起点となる鋼や地面を呼んでくれる。しかし身代わり持ちの鋼にはアドバンテージを稼がれる。注意。

相手の計算を一撃崩壊させる神技、アシッドボムは強力なのでぜひ布教したい。ミミカスの皮を剥がしながらジェム圏内に入れる、PTで重い特殊受けの単騎処理を可能にする、後続特殊エースのサポート、etcetc… 強い。

 

メガボーマンダ

持ち物:メガストー

性格:おくびょう

特性:威嚇→スカイスキン

技構成:ハイパーボイス 大文字 身代わり 羽休め

努力値:HP116 特攻140 素早さ252

備考:特殊マンダ。相手の身代わりや状態異常技が読める時しか出さなかった。

身代わり持ちとしての耐久は最低限で、威嚇込みで陽気ガブリアスの岩封を身代わりがギリギリ耐える程度。ランドの岩封耐えまで耐久に振ると火力が心もとなくなるのが悩ましい。

先発ウツロイドが呼ぶ鋼や、草をはじめとする相手に対して有利対面を取った上での身代わりはよく刺さったと思う。

後投げされるヤドランや、ゴツメ持ちの物理受けを崩してくれたがポリ、ハピラキ、ヒトデほかD寄り水タイプを投げられるときつい。鋼やレヒレに強いPTならばHSベースにして、大文字よりも毒を入れた方が強いと思う。

 

モロバレル

持ち物:ゴツゴツメット

性格:おだやか

特性:再生力

技構成:ギガドレイン クリアスモッグ キノコの胞子 光合成

努力値:HP236 防御92 特防180 

備考:最強催眠クッション。電気と水を見てもらいつつ、催眠でエースの起点を作れる。ガルーラやバシャなど重めの物理に後投げして、削り要因として使い捨てても強かった。

耐久は防御はミミッキュのZシャドークロー、特防はゲッコウガの珠冷凍ビームで死なないくらいのライン。一発耐えさえすれば催眠からの巻き返しが狙える。

催眠対策をコケコやレヒレに頼っているPTに強く、S3環境に刺さっていたのではないかと思う。押され気味な相手でも催眠+再生で無理やり受けきることができ、いつも器用に働いてくれた。

 

カプ・テテフ

持ち物:エスパーZ

性格:ひかえめ

特性:サイコメイカー

技構成:サイコキネシス ムーンフォース シャドーボール 挑発

努力値:HP4 CS252

備考:破壊の神。構築上重たい水、電気、ガルーラ、バシャーモ、ポリ2などを対面からエスパーZで処理してもらった。病みつきになる火力を持っている。

ただメガバシャやS振りガルーラが増えるだけで役割を果たすのが怪しくなってくるので要検討枠である。

高速エースが主軸のため、トリル展開を止める駒としても重宝した。

 

さいごに

トレーナーとしての構築力量も含め拙い記事でしたが、最後まで読んでくださり本当にありがとうございます。

来シーズン以降も構築改良に努めていきたいと思いますので良ければまた、見に来てください。

なにか質問やご指摘などありましたらコメント欄またはTwitterアカウント[@master_tokage]までよろしくお願いします。